モロヘイヤ100%のあおつぶ 「モロヘイヤ由来食物繊維含有食品の摂取が 健常者の免疫力に及ぼす影響」について講演を実施

モロヘイヤ粒による免疫力の改善について紹介

働く食物繊維モロヘイヤ100%の「青粒」を製造・販売する株式会社青粒(本社:兵庫県神戸市代表取締役社長永原豊大)と株式会社オルトメディコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長山本和雄)は、2021年10月2日(土)、3日(日)に「第43回日本臨床栄養学会総会」「第42回日本臨床栄養協会総会」「第19回大連合大会」にて、「モロヘイヤ由来食物繊維含有食品の摂取が健常者の免疫力に及ぼす影響」についての講演を行いました。

■講演内容概要

本試験はモロヘイヤ由来食物繊維含有食品であるモロヘイヤ粒が、健常者の免疫力に及ぼす影響について調査したものです。本試験を実施した背景には、腸内環境の改善と免疫機能に与える機能の検証の2つが挙げられます。まず、モロヘイヤ由来食物繊維(MDF) は先行研究※1にて、Clostridium cluster IVの腸内占有率上昇とn-酪酸の増加という腸内環境を整える機能が確認されています。また、Clostridium clusterIVやn-酪酸は、腸管免疫を介して全身の免疫機能に寄与する可能性が報告されている※2ことから、本試験実施の運びとなりました。

試験では、健常な成人男女22名を対象に2019年11月26日~2020年3月27日の期間中に4週間、モロヘイヤ粒とプラセボ(偽薬)を2グループに分けて1日30粒を数回に分けて食間に水またはぬるま湯とともに摂取いただきました。各免疫に関わる8つの細胞をスコア化し、合計した「免疫力スコア」において、モロヘイヤ粒を摂取したグループのスコアはプラセボを摂取したグループと比較して有意な上昇が確認されました。

今回の検証結果は、モロヘイヤに含まれる水溶性食物繊維は、腸内細菌の栄養源となり、腸管内で短鎖脂肪酸の一種である酪酸を増加させ、その酪酸を介してヒト免疫細胞に働きかけ、バランス調節に寄与したと考えられます。

※1 Nagahara, et al. Functional Foods in Health and Disease, 10(5), 210-227. ※2 安藤朗. 2.炎症性腸疾患の病態と腸内細菌の関わり. 日本内科学会雑誌. 2017;106(3):466–71.
検証結果の詳細はこちら

■株式会社青粒よりコメント

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。モロヘイヤにはこの2つの食物繊維が豊富に含まれています。ヒト試験により、モロヘイヤに含まれる水溶性食物繊維が免疫力アップに有益であり、私たちの健康で重要な働きを担っていることがわかったたことは、非常に意義のあることだと思います。
モロヘイヤで叶える健康寿命100年、大切な人がずっと健康でいられますように。
働く食物繊維、モロヘイヤが健康のお役に立てば幸いです。

■講演概要

日程 2021年10月2日(土)、3日(日) ※WEB開催(ライブ配信)
タイトル 臨床栄養学による予防医学‐フレイルと感染症の「傾向と対策」
「第43回日本臨床栄養学会総会」「第42回日本臨床栄養協会総会」「第19回大連合大会」
講演内容 モロヘイヤ由来食物繊維含有食品の摂取が健常者の免疫力に及ぼす影響

■モロヘイヤ100%の「青粒」について

青粒の原材料には有機肥料で育てたモロヘイヤを使用。また、モロヘイヤの良さを最大限に引き出すために、化学合成肥料や農薬を一切使用せず、良質なモロヘイヤだけを、そのまま何も加えずに粒にしています。添加物は一切使用しておらず、100%モロヘイヤです。

■会社概要

社名 株式会社青粒
所在地 〒651-1312 兵庫県神戸市北区有野町有野3406-1
代表TEL 078-987-3831
FAX 078-987-3769
設立年月日 平成6年3月1日
資本金 50,000,000円
従業員数 43人
事業内容 健康食品、自然食品の開発と販売、病気にならない体づくりへの貢献