モロヘイヤカンパニー、青粒

NEWS

プレスリリース
2020.08.24

全国初!兵庫県の町と企業が “モロヘイヤ協定” を締結

モロヘイヤの町・兵庫県上郡町と、モロヘイヤを使った加工食品で国内1の生産量を誇る株式会社青粒が、8月31日(月)「野菜の日」に包括連携協定(通称:モロヘイヤ協定)を結びます。
~モロヘイヤ専用耕作地「モロ平野(ヘイヤ)」誕生!第2次モロヘイヤブームを巻き起こせ~

■モロヘイヤ協定(包括連携協定)締結式のお知らせ■

日 時:
8月31日(月)10時〜11時
場 所:
上郡町役場本庁舎(住所:兵庫県赤穂郡上郡町大持278)402会議室
登壇者:
兵庫県上郡町町長:遠山寛(とおやまゆたか)
株式会社青粒 代表取締役社長:永原豊大(ながはらほうだい)
トークショー:
司会:モロヘイヤ三上(タレント)
ゲスト:平井美穂先生(管理栄養士) 徳山洋輝選手(プロボクサー)

モロヘイヤを中心とした健康補助食品の製造・販売を行っている株式会社青粒(本社:兵庫県神戸市北区有野町有野3406-1代表取締役社長:永原豊大)は、2020年8月31日(月) 「野菜の日」に合わせ、モロヘイヤの町として有名な兵庫県上郡町(町長:遠山寛)と包括連携協定(※通称モロヘイヤ協定)を締結いたします。

つきましては、2020年8月31日(月)10時より、上郡町役場本庁舎で締結式を行います。締結式では、遠山町長のモロヘイヤ応援隊入隊式や、モロヘイヤに関する著名人をお呼びして、トークショー「王様の野菜モロヘイヤ」も開催する予定です。

■第2次モロヘイヤブームを巻き起こせ!兵庫からモロヘイヤの魅力を発信する「モロヘイヤ協定」締結に至るまでの経緯

「モロヘイヤの良さを、より多くの方に知ってもらおう」と、オウンドメディア「モロラボ」を2019年10月に開設した当社。モロヘイヤを特産品としている地域への取材を通して、1980年代に巻き起こされたモロヘイヤブームの衰退を目の当たりにします。実際に、2000年代以降、モロヘイヤは生産量・出荷量ともに減少傾向にあることから、非常に残念な思いで取材活動を続けていました。
また、輸入原料だけでまかなっている当社の運営形態は、国際情勢の影響をもろに受けることもあり、今回のコロナ禍で改めて、安定した原料調達の必要性を痛感し、自社でのモロヘイヤ栽培の可能性を模索していました。

兵庫県上郡町も、モロヘイヤ農家の減少、モロヘイヤ関連イベントの中止など、モロヘイヤでの町おこしに多くの課題を抱えていましたが、取材先の農家や町役場の方など、多くの人たちが「モロヘイヤをもっと盛り上げたい」という熱意を持っていました。その中で、町役場の方からの提案のもと、モロヘイヤ専用耕作地「モロ平野(ヘイヤ)」が誕生し、包括連携協定締結へと事が運びました。「モロ平野」は、千葉テレビ「ナイツのHIT商品会議室」にて、お笑い芸人のナイツさんに命名いただきました。

「上郡町をモロヘイヤの町として再び活性化させたい」「国産モロヘイヤでの製造をスタートさせたい」という相互の想いの実現と、再びモロヘイヤブームを巻き起こすべく、上郡産モロヘイヤでの製品製造や、健康モニターの実施(モロヘイヤ生葉・上郡産モロヘイヤを使った青粒)のほか、モロヘイヤを使った特産品の開発など、今後連携して様々な活動を行う予定です。

「モロヘイヤ協定(包括連携協定)締結式」を
8月31日(月)「野菜の日」に行います

■モロヘイヤ協定(包括連携協定)締結式 概要

日 時:
8月31日(月)10時〜11時
場 所:
上郡町役場本庁舎(住所:兵庫県赤穂郡上郡町大持278)402会議室
内 容:
10時10分〜10時30分 トークショー「王様の野菜モロヘイヤ」
10時30分〜10時35分 遠山町長モロヘイヤ応援隊入隊式
(入隊証授与・応援隊ポロシャツ着用)
10時50分〜10時52分 調印式
10時53分〜10時58分 記念撮影
登壇者:
兵庫県上郡町町長:遠山寛(とおやまゆたか)
株式会社青粒 代表取締役社長:永原豊大(ながはらほうだい)
トークショー:
司会:モロヘイヤ三上(タレント)
ゲスト:平井美穂先生(管理栄養士) 徳山洋輝選手(プロボクサー)

■トークショー司会・ゲストのプロフィール

モロヘイヤ三上
タレント

トップ・カラー所属タレント。ピン芸人として活躍するも、昨年芸人の肩書きを捨てて、現在は演歌歌手や、ものまねタレントなどの司会業を本業に活動中。

平井美穂先生
管理栄養士

医療機関にて栄養指導を行う。百貨店・食品メーカー講師、レシピ提案など、乳幼児から高齢者までを対象に幅広い年齢層に対し、食と健康に関する講演会や料理講習会を行う。

徳山洋輝選手
プロボクサー

千里馬神戸ジム所属のプロボクサー。 2017年西日本バンタム級新人王。元東洋太平洋ランカー。毎食モロヘイヤを食べている。

■モロヘイヤ専用耕作地「モロ平野(ヘイヤ)」と、今後の活動について

今年4月にモロヘイヤ専用耕作地「モロ平野(ヘイヤ)」が誕生し、既に今年の試験栽培は終了。今回栽培されたモロヘイヤは、栄養成分調査等を行い、来年から本格的に栽培を開始します。より栄養価が高く、美味しいモロヘイヤを栽培するため、土壌作りや栽培法の研究に取り組む予定です。今後は上郡産モロヘイヤでの製品製造や、健康モニターの実施(モロヘイヤ生葉・上郡産モロヘイヤを使った青粒)のほか、モロヘイヤを使った特産品の開発を行う予定です。構想段階ですが、モロヘイヤを使ったドリンクやスイーツを提供するカフェや、収穫体験・ライブを行う「モロフェス」、収穫を通じて出会いの場を設ける「モロ合コン」なども検討しております。

■モロヘイヤの効能について

最大の特徴は食物繊維が豊富な点です。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がバランスよく含まれるため、腸内環境を良好に保つことに役立ちます。水溶性食物繊維は、腸内細菌のエサとなり、腸内の短鎖脂肪酸を増やす作用があるため、便秘対策にもおすすめです。また、短鎖脂肪酸が増えることで、免疫機能への働きかけが期待できます。ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、ルテインなど、抗酸化作用の高い栄養素が他の野菜に比べて多く含まれています。そのほか、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラル分、葉酸、植物性タンパク質など、多くの栄養素を含みます。

是非、貴社媒体でお取扱い頂きますようお願い申し上げます。「モロ平野」見学も歓迎しております。
モロヘイヤ協定(包括連携協定)締結式にご出席いただける場合は、誠にお手数ですが、下記ボタンよりプレスリリースをダウンロードしていただき、3枚目の「ご出席返信シート」を、8月28日(金)16時までにFAXにてお送りいただきますよう、お願い申し上げます。
(FAX番号:078-987-3769)
(ご出席は、メディア関係者の方に限らせていただきます。ご了承ください)
ご不明点などございましたら、 お気軽にお問い合わせください。

会社概要

社名: 株式会社青粒
代表: 代表取締役社長 永原 豊大(ながはら ほうだい)
本社所在地: 兵庫県神戸市北区有野町有野3406-1
URL: https://aotsubu.co.jp
設立年: 1994 年 3 月
資本金: 48,000,000 円
従業員数: 31 人
事業内容: 健康食品、自然食品の開発と販売、病気にならない体づくりへの貢献
グループ会社:株式会社豊大

グループ沿革

1991年 8 月31日 関西21創業
1993年 2 月26日 有限会社 関西21設立
1994年 2 月15日 株式会社 豊大に社名変更
1994年 3 月 1 日 株式会社 青粒を設立
1998年 5 月 1 日 (公財)日本健康・栄養食品協会 正会員入会

本リリースに関するお問い合わせ先

株式会社青粒 広報
TEL:078-987-3831 
FAX:078-987-3769
永原 盟千
(ながはら めいせん)
友廣 賢孝
(ともひろ よしたか)